« テレビ寺子屋で「最低賃金法」を取り上げました | トップページ | 一人一票実現国民会議 »

本日発売!

お蔭様で、『年金被害者を救えー消えた年金記録の解決法』(岩波書店)が、本日発売となりました。詳しくは→こちら

見た目は「薄い」ですが、中身は「熱い」本です。

年金記録問題のために使われた予算は、すでに一五〇〇億円を超えています。

さらに、民主党の強い要望により、来年度からコンピュータ上のデータと古い紙台帳との突合せが行われますが、現在のところ、その費用は二〇〇〇億円に上る見通しです。皆さんは、このことをどう受け止められますか。

「覆水盆に返らず」という諺があるように、いくらお金を使っても、消えた年金記録の完全修復は不可能です。このままでは、莫大な税金を投じたにもかかわらず、大した成果も出ないまま、無駄にお金と時間を費やすことになりかねません。年金被害者の多くはご高齢の方です。だからこそ、急いで被害者救済につながる施策を講じなければ、被害者が亡くなることで問題が収束するという、最悪のシナリオになってしまいます。

「最後の1件まで」記録を統合できなくても、「最後の一人まで」被害者を救済することは可能です。その発想の転換こそが、この本の主題です。そんな馬鹿なと思われるた方は、どうかこの本を読んでみてください。皆様の忌憚なきご意見・ご感想をお待ちいたしております。

http://www.nomura-legal-consulting.com/

http://nomura-legal-consulting.com/index2.html

|
|

« テレビ寺子屋で「最低賃金法」を取り上げました | トップページ | 一人一票実現国民会議 »

コメント

早速購入&拝読しました。
とりわけ実務的側面についても丹念に調べ上げられており、
実務経験者としても文句のつけようがございません(汗)。
こうしたレポートは、むしろ年金問題を熱く語る政治家こそ
率先して出すべきだと胸中複雑ではあります。。。

投稿: tonny | 2009年8月 5日 (水) 23時36分

>Tonny さま
 実務に造詣の深い専門家のお立場から過分なるコメントをいただき、
お礼の申しようがございません。書籍の権威がぐーんと上がりました。
本当にありがとうございました。

投稿: 野村修也 | 2009年8月 6日 (木) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541983/45779961

この記事へのトラックバック一覧です: 本日発売!:

» 「年金被害者を救え」 [The企業年金BLOG]
年金記録問題に関する客観的な分析と熱い提言 年金被害者を救え―消えた年金記録の解決策岩波書店 2009-08売り上げランキング : 12,843おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 年金記録改ざん問題の調査委員長を務めた大学教授による、いわゆる「宙に浮いた年金」に..... [続きを読む]

受信: 2009年8月 5日 (水) 23時29分

« テレビ寺子屋で「最低賃金法」を取り上げました | トップページ | 一人一票実現国民会議 »