« 同窓会長崎支部で講演 | トップページ | テレビ寺子屋で「ツアー事故の責任」を取り上げました »

NHKニュースでコメント

NHKのニュースで、公募増資の増加についてコメントしました。

今年の上半期に上場企業が公募増資によって調達した金額は、1兆5000億円を超えて過去最高になりました。これは去年の上半期の28倍に達し、調査を始めてから最も多かった平成13年の1兆800億円を大幅に上回りました。

特に、三井住友フィナンシャルグループが8600億円、野村ホールディングスが2700億円を調達するなど、巨額の赤字に陥った大手金融機関の大型増資の動きが目立っています。

公開会社の場合、時価で発行する限り公募増資は取締役会決議だけでできることになっています。これは、時価で発行される限り、理論上は、既存株主の持分価値に影響しないと考えられていることによります。

しかし、実際には、これほどまでに増資が続くと、証券市場側の新株の消化能力にも限界がありますので、下手をすれば自社の株価を暴落させる危険性が生じます。その意味では、現時点で公募増資を検討している経営者には、厳しい状況判断が求められるものと考えられます。

|
|

« 同窓会長崎支部で講演 | トップページ | テレビ寺子屋で「ツアー事故の責任」を取り上げました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541983/45822342

この記事へのトラックバック一覧です: NHKニュースでコメント:

« 同窓会長崎支部で講演 | トップページ | テレビ寺子屋で「ツアー事故の責任」を取り上げました »